メインイメージ

Course No.04 北アルプスのローカルカルチャー散策

"訪れた地域に根付いている文化を知るのは旅の醍醐味のひとつですよね。このコースでは、長野県大町市の自然や産業について楽しく知りつつめぐることができるスポットを中心に紹介しています。
大町市の鳥は「ライチョウ」です。雷のように鳴くことからその名前がついたそうですが、そんなライチョウが本当に大町市に居るって知ってましたか?ということで、「市立大町山岳博物館」に逢いに行って、ぜひ大町の自然の歴史も一緒に学んでみてください。地形や成り立ちを知ると、ただ綺麗だなと思っていた景色や美味しいなと思っていた水にも色んなストーリーや背景があることが理解でき、よりここでの滞在が楽しくなるのではないでしょうか。
自然の歴史を学んだら、街を支えた産業を知ることができるのが「ちょうじや」さん。「塩の道」とよばれる千国街道の中にあった大町市の暮らしの文化を楽しく観ることができます。その他にも、北アルプスの水を活かした地酒をつくる酒造に行ったり、山の麓ならではのジビエ料理を味わったりと、大町カルチャーを満喫してください◎"