メインイメージ

Course No.06 『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』詩歩と巡る大町絶景コース

  • 鷹狩山展望台 大町の町並みを抱く圧巻の北アルプス

    JRの駅から程なく、バスや車で気軽にのぼってこられるこの山は、大町市を一望できるビュースポット。お天気のいい日には、目の前に、稜線の美しい北アルプスがどどーん!と広がります。「この視界一面の稜線はすごい!」詩歩の絶景写真ポイント:景色を眺める自分を撮る時は、足元と地面を敢えて写さず、空を広めに写す構図にすると、壮大なスケール感をより上手に表現できる!

  • 農具川沿いのカラフル芝桜

    信濃大町駅から歩いて15分ほど。農具川河川公園には、4月中旬から5月中旬頃まで、カラフルな芝桜の道が現れます。詩歩の絶景ポイント:芝桜が綺麗な名所はほかにもあるけれど、北アルプスを背景にした芝桜の道はここだけ?「背景に壮大な北アルプスを一緒に楽しめるお天気の日には、絶景ポイントに大変身ですね。」

  • 一期一会、田んぼの水鏡

    「あ!」お散歩を続けていた詩歩さん。田んぼに張られた水面に映る、もう一つの北アルプスを発見!本物の北アルプスと、まるで鏡に映されたような逆さまの北アルプスが、一度に楽しめる不思議な景色。水が綺麗なことが自慢の大町ですから、まるで本物みたいに綺麗に周辺の景色が映り込み、思わずカメラを構えます。大町のいろんなところに潜む、神出鬼没な絶景です。

  • 木崎湖に溶け込んだ気分の桟橋

    大町には、信濃大町駅から車で30分以内のところに、3つの湖があります。一番奥まったところにある青木湖は、水の綺麗さが国内有数。真ん中にある中綱湖は、大山桜の名所で人気。そして一番手前にあるのが、この木崎湖。先端まで歩いていくと、まるで湖に溶け込んだ気分が味わえる桟橋は、フォトジェニックな1枚が撮影できることでしょう。

  • プライスレスな時間、美麻珈琲

    大町市の中心地から少し離れた美麻地区にあるこだわりのカフェ。フォトジェニックでお洒落な白壁の建物に入って、自家焙煎の珈琲と、一番人気のチョコレートケーキ「サント・アン・トリフ」を堪能します。冬場は薪で焚く暖炉のパチパチという音が何とも素敵。5月の中山高原は一面の菜の花畑。期間限定、プライスレスな景色です。

  • 季節限定、北アルプスと中山高原の菜の花畑

    NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」のロケ地になった、中山高原。元スキー場を開墾して、5月には菜の花、8月下旬から9月上旬には一面真っ白な蕎麦の花が、咲き誇ります。「5月のこの一面黄色の絨毯は、北アルプスも一緒に味わうことができるスケール感が格別!」詩歩の絶景写真ポイント:「ここの菜の花畑には、芝生の道があって、そこを歩いていけるのも珍しい!歩いていった先に佇む姿を遠くから撮れば、黄色の絨毯に囲まれた綺麗な1枚が撮れると思います。」

  • 綺麗な姿はほんの一瞬、中綱湖の幻の大山桜

    4月末、中綱湖畔に咲く大山桜を狙っていた詩歩さん。湖面に映り込んで一体を淡くピンクに染め上げ、それはそれは幻想的な景色になるため、カメラ愛好家の間では密かに人気に火が付き始めたスポットなんです。でもお花のベストな時間は短くて、特に桜は儚いもの。「今回はちょっと残念だったけど、またトライする楽しみができました。」その時、そのタイミングで出逢えた景色が、その旅の大切な思い出になりますよね。