雪形

雪形

大町に春を告げるのは花だけではありません。
それは山の雪融けが始まると北アルプスの東斜面に現れる雪形です。
雪が解けて表れた山の地肌や黒い岩肌と、まだ残っている白い雪が描く雪の造形は春のしるしともいえます。
農作業の目安や山の名前の由来になったという雪形は、昔から麓の人々に親しまれてきました。
4月から現れるものや6月に入ってから形がはっきりわかるものもありますが、多くの雪形は5月にその姿を現します。
JR大糸線の車窓から、また、お車の場合は安曇野インターを下りて北アルプスパノラマロードから雪形と出会うことができます。そして市内観光や移動中に、この時期なら田植えが済んだ田んぼ越しや、りんごの花越しに北アルプスを眺めることができるでしょう。ぜひ峰々の稜線だけでなく、山肌に描かれた紋様に視線を向けてください。

雪形ウォッチング

雪形ウォッチング

雪形は北アルプスの麓の広い範囲で眺められますが、方角や時期も大切な要素です。毎年GW明けから5月の土日に数回行われる雪形ウォッチングでは、大町市内と白馬、安曇野の雪形ビューポイントをあづみ野雪形研究会による解説を受けながら巡ります。 (今年の日程等詳細は決まり次第、当ホームページにてお知らせします)
北アルプスの眺望がすばらしい大町山岳博物館からの観察もおすすめです。
館内には雪形についての常設展示があり、雪形についてのお問い合わせにも応じています。
大町山岳博物館 TEL:0261-22-0211
大町山岳博物館HPはこちらから

▲このページのTOPへ戻る

代表的な雪形

代表的な雪形

爺ヶ岳の種まき爺さんや鹿島槍ヶ岳の鶴とシシは市内から見える代表的な雪形です。

▲このページのTOPへ戻る

大町市観光協会
〒398-0002長野県大町市大町3200
TEL:0261-22-0190 FAX:0261-22-5593
年末年始(12/30~1/3)以外は営業 営業時間 8:30〜17:15