【終了】信州松崎和紙作品展 Muku

  • 投稿日:





大町市の特産のひとつに松崎和紙があります。







信州松崎和紙とは・・・

信州松崎和紙は、長久三年(1042年)に野生の楮・楡の皮を使用して仁科神明宮の祭祀用に製造したのが

はじまりといわれています。

この技術が一般農家に伝わり、冬季間の副業として発展しました。

地元の楮を用いて作る松崎和紙は丈夫なことで知られ、繭袋、傘紙、障子紙等様々な用途に

用いられてきましたが、洋紙の普及や生活様式の変化に伴い、職人数が激減。

現在では信州松崎和紙工業のみがこの技術を守っています。

(※いーずら大町特産館HPより)

この松崎和紙を使った”無垢な”作品展が開かれています。


作品展名 ・・・Muku

開催期間 ・・・9/11(土)~10/11(月)

開催時間 ・・・10:00~18:30 ※火曜・第4月曜日休み

作家    ・・・井上由季子(モーネ工房)・菊地均・菊地みゆき(アトリエ10colours)

               田中芝子・田中あずみ・長澤春佳・宮嶋昭夫・宮嶋洋子

会場    ・・・創舎わちがい
 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ