【終了】大町周辺の旅(9月・Part2)

  • 投稿日:

つい先日までTシャツだったのが、いきなり長そでにジャケット、、、、、信州の秋は、突然やってきます。  

皆さんお元気ですか?

暑い暑いと言い続けていた夏でしたが、こんな年は秋が早足で通り過ぎてしまうかもしれません。見逃さないように、しっかり秋を満喫しましょう!  

そんなわけで、今回は「見逃せない信州の秋」をご紹介したいと思います。

信州の紅葉は、北から南へ、標高の高い所から低い所へと進んでいきます。10月から11月にかけて、見頃の場所が少しずつ移動しながら信州の秋は深まっていきます。 (写真は、最近2年間ぐらいに撮ったものです。)














栂池自然園の紅葉
 

大町からは少し遠いですが、この大糸線沿線で、まず真っ先に紅葉が始まるところとして、どうしてもはずせないのが、栂池です。  

栂池自然園は、早い年なら9月下旬、遅い年でも10月になると一気に山々が染まり始めます。今年は夏の暑さが厳しかったですが、ここにきて急に冷えてきているので(紅葉は、夏から秋にかけてと昼と夜との温度差が大きいほどいい色になるといわれています)期待できるかもしれませんね。  


入口周辺だけで帰る人も多いですが、時間があったらぜひ浮島湿原あたりまで行ってみましょう!遊歩道は歩きやすく、ナナカマドを始めとした様々な木が、山を錦模様に染めています。  


一番奥の展望湿原まで行けば、白馬大雪渓が目の前に見えますが、坂道やぬかるんだ道もあるので足元はしっかりとした装備が必要になります。1日ゆっくり時間をかけて、自然園を堪能するのもいいかもしれません。また、時間と体力があれば栂池自然園だけでなく、神の田圃や天狗原、白馬大池などに足を伸ばすことも可能です。 〔見頃 9月下旬~10月中旬〕
           


仁科三湖
 


紅葉した木々の間から見える湖面の深い青色、、、絵のような風景が見られるのが仁科三湖です。青木湖、中綱湖、木崎湖と、それぞれ雰囲気も違うし、微妙に水の色も違って見えます。  

また青木湖からは、湖越しに新雪の白馬三山を見ることもできます。国道から少し入れば人も多くないので、静かに散策したい人向きかもしれませんね。  

11月頃になると、カラマツの黄葉の黄金色が湖畔に広がり、しだいにモノトーンの晩秋の風景に変化していきます。




     

それから、どなたでもどうぞという場所ではありませんが、ひとつ秘密のスポットを紹介します。(途中、悪路もありますので、行く場合は十分ご注意を!)  

まず美麻を民宿街から権現山への林道に入り、権現山の山頂を目指します。山頂入口まで来たら、そこを通り越してもう少し車を走らせるとヤナバスキー場上部に入る道に進み(4WDでなかったら、ここで車を停めて歩いた方がいいでしょう)、するとヤナバスキー場の一番上あたりに出て一気に視界が開けます。そして眼下にまっ青な青木湖が!! とっておきの場所ですが、車の走行には十分ご注意を!
〔見頃 10月中旬~10月下旬〕




霊松寺  

最近、紅葉の人気スポットとしてアマチュアカメラマンの人たちが多く訪れるようになった霊松寺です。  
 



  




県宝でもある山門、そして何といっても紅葉時はその山門前にあるオハツキイチョウの黄色がひときわ目立ちます。このオハツキイチョウの木は、大町市の天然記念物にも指定されていて、普通よりも少し小さなオハツキのぎんなんが付くことから、「子宝のお守り」と言われています。  

霊松寺は、曹洞宗の寺院としては長野県最古の古寺なのですが、1845年の地震で全焼し、残念ながら当時の建物は残っていません。でも、明治の初めに松川村から移築された山門は、十二支をはじめ多くの彫刻がほどこされた見事なもので、県宝にも指定されています。山門や本堂など重厚な建造物と赤や黄色に色づいた紅葉の木々が、カメラマンの格好の被写体となっています。 〔見頃 10月下旬~11月上旬〕





長福寺
 

大町の隣、池田町で(霊松寺ほど有名ではありませんが)長福寺の紅葉もおすすめです。 ここの紅葉は、何と言っても黄色のイチョウと紅いカエデ、そのコントラストの美しさだと思います。夜はライトアップされ、ひときわ幻想的になります。(去年も一昨年も行っているのですが、実はまだ夜は見たことがなく、ぜひ今年こそはライトアップされたイチョウとカエデの競演を見てみたいと思っています)  

また、イチョウとカエデの手前には、かわいらしい(?)六地蔵が、並んで立っています。このあたりから眺めると、池田の街並みと、北アルプスが一望できます。  


美しい紅葉と雄大な光景を眺めていると気持ちまでゆったりしてきそうです。
〔見頃 10月下旬~11月上旬〕




大峰高原の七色大カエデ
 



そして最後に、今や有名になりすぎてしまった感もある大峰高原の七色大カエデを紹介します。カメラマンの集う
一大紅葉スポットになったと言っても過言ではないかもしれません。  

紅葉のベストの時期に来ると、きっと「来て良かった!」と思うに違いありません。けれど、最も美しいのは、数日から1週間位、年によっては若干前後し、また数年に一度、目を見張るほどの美しさになることもあるので、もし出来るなら、何回か時期をずらして狙ってみるのがいいと思います。  





1本の木で黄色から深紅まで見事なグラデーションになる光景を見られたらラッキーです!!

また、大カエデだけでなく、大峰高原全体が、この時期秋色に染まります。白樺林やコスモスの花、モミジなど、そんな秋風景を眺めながら林道を通って唐花見湿原あたりまで行ってみるのもオススメです。
〔見頃 10月下旬~11月上旬〕




その他の紅葉の見どころ
 

大町をはじめとした大糸線沿線には、ここでは紹介しきれないほど、まだまだたくさんの紅葉の見どころがあります。

鎌池 .......神秘の池とブナ林、鮮やかな紅葉が、カメラマンに絶大な
          人気です。 〔見頃 10月中旬~10月下旬〕

八方尾根.....晴れれば白馬三山が青空にクッキリ! 遙かかなたには
           富士山も! 〔見頃 10月上旬~10月中旬〕

立山黒部.....言わずとしれた秋のアルペンルート!
           詳しくは黒部ダムのHPで。 〔見頃 9月下旬~10月中旬〕

高瀬渓谷.....ダム湖と紅葉の風景は、美しい被写体です。
           〔見頃 10月中旬~10月下旬〕

鹿島槍黒沢高原..鹿島槍ヶ岳や爺ヶ岳が目前に見られます。
           〔見頃 10月中旬~10月下旬〕

権現山.......ちょっと穴場の紅葉スポット。冬はクロカンコースも、、、
           〔見頃 10月中旬~10月下旬〕

須砂渡渓谷......大水沢の滝周辺の紅葉がオススメです。
           〔見頃 10月下旬~11月上旬〕

紅葉前線がゆっくり移動する信州は、9月の終わりから11月まで、どこかしら紅葉が見頃になっていると思います。
ぜひ、お気に入りの紅葉を探しに信州に来てみませんか?

(※掲載の画像は二次使用できません。ご了承下さい。)

 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ