【終了】熊にご注意ください!

  • 投稿日:

8月3日(火)午後2時過ぎに扇沢総合案内センター近くの山林で、道を間違えた登山客が小熊に遭遇し、

背中と胸をひっかかれ軽いケガをされました。

自然豊かな長野県にはツキノワグマをはじめとする野生鳥獣が数多く生息しています。

クマとの遭遇による人身被害を防止するため、山林内、山際の耕地や道路では十分気をつけてください。

 クマは本来、木の実などが主食の温厚で臆病な動物で、人間に気がつけば、自ら逃げたり、

身を隠したりするために、出会うことはめったにありません。

しかし、クマがエサ探しに夢中になっていたり、沢沿いで水音がうるさかったり、その他の理由で人の気配に

気づかず、バッタリ出会ってしまった場合には、人身事故につながることがあります。

クマとの人身事故を未然に防ぐには「クマに遭わないこと」が最善の防衛手段です。

次のことに注意してください。


熊との遭遇による人身被害を防止するために

○ クマが出没しそうな山に入山する場合には、鈴や笛を鳴らしたり、
  ラジオをつけるなどクマに人間の存在を知らせるようにしてください。

○ クマの出没している山沿いの地域周辺では、クマの活動が活発になる明け方や、
  夕暮れ時の外出等はなるべく避けましょう。

○ クマの糞や足跡を見つけたら引き返しましょう。

○ 子グマの近くには母クマがいて非常に危険です。そっと立ち去りましょう。

○ 収穫後の不要となった農作物や、残飯など熊の餌となるようなものを放置しないようにしてください。

○ 出会ってしまったら

 ・ 熊が遠くにいる場合には、熊が先に人の存在に気付けば、ほとんどの場合は熊が逃げていきます。
   静かにその場から立ち去りましょう。

 ・ 近くでバッタリ会った場合には、大声で叫んだり、石などを投げてはいけません。
   死んだふりは効きません。木に登っても熊は木登りが得意です。
   背中を見せず、ゆっくり後ずさりして離れましょう。
 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ