【終了】高瀬の森のニホンカモシカ

  • 投稿日:

ちょうど一週間前(12/13)のニホンカモシカです。

我が家の南隣りのお宅の庭をのそのそと歩いていました。

冬毛に代わってモコモコとした体系になり、特に顔の周りの

白い髭のおかげで夏に比べて貫禄が出ます(^^)

ニホンカモシカは低山帯から亜高山帯にかけて生息する日本固有種です。

シカとはいうけれどウシ科に属し、名前の由来は、昔その毛を氈(かも)と

呼んでいたことにより、「氈鹿」のほかに「羚羊」という漢字も宛てるようです。
 


ニホンカモシカはひづめの先を広げて立つことができ、岩場など足場の悪い所での活動に

向いています。

確かに見ていると、急な斜面をいとも簡単に登ったり降りたりしているのですね~。

また、寒さに強く、氷河時代の生き残りとも言われています。

 

乱獲がたたって、一時は3000頭まで数が減り、1955年に国の特別天然記念物に

指定され、大町市の「市の獣」にもなっています。

 


そういえば、今年6月9日に生まれた市立大町山岳博物館付属動物園の雌のニホンカモシカチャン。

全国各地397名のみなさんから寄せられた名前の中から選考した結果「れんげ」って名前に決まったそうです♪

まだ角が出始めたばかりで、とっても可愛らしいですよ。


(記事・画像提供 観光リポーター鹿田氏) 
 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ