【終了】北アルプスの雪形

  • 投稿日:

地元の達人「治さん」からの北アルプス山麓の情報です。


4月に入り、信州に遅い春が訪れると3,000メートル級の北アルプスの山々も雪解けが進み、黒い岩肌がくっきりと

現れてきます。雪の白と岩肌の黒の絵模様が見方によると人や動物の姿に見え、その姿が「雪形」と言われて

います。

現在のように科学的な天気予報がなかった時代、昔の人々は山に現れた雪形を見て農作業を始める目安とし、

雪形を見てその年の豊凶を占ってきました(雪占い)。

雪形の名前が山の名前になっているものもあります。 例えば

   
白馬岳=代掻き馬(しろかきうま)   五竜岳=武田菱(たけだびし)       爺ケ岳=種まき爺さん

や蝶ケ岳=蝶などもそうです。

名前の由来は、白馬=水田の水漏れを防ぐための代掻き作業を始める目印から

代掻き馬→代馬(しろうま)→白馬(しろうま)→白馬(はくば)となった。

五竜岳=武田家の家紋である武田菱が現れることから御菱(ごりょう)→ごりょう→五竜(ごりゅう)となった。

など由来を探すのも楽しみの一つとなります。

その他にも特徴的なのが、

  
   白馬乗鞍岳の尾長鳥       鹿島槍ヶ岳のツル・花嫁・シシ        常念岳の常念坊

などです。

雪形は村の知名度を上げる重要な役割をも果たしています、例えば白馬村、山の名前は代馬(しろうま)から

白馬(しろうま→はくば)に、JRでは以前、「信濃四谷駅」と言う名前だった駅が、現在は「白馬駅」にと変化しています。

5月の特定の土・日には北アルプス「雪形ウォッチング」が行なわれます。

北アルプス雪形まつり「雪形ウォッチング」詳しくはこちら⇒http://www.kanko-omachi.gr.jp/2011/04/9.html

 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ