【終了】黒部湖の花々⑥ギンリョウソウ

  • 投稿日:

 
 
13日には影も形もなかったギンリョウソウですが、24日には2か所で見かけました。

「銀龍草」と書く、山地の腐植土の多い所に群生するツツジ科の腐生植物です。

かつてはイチヤクソウ科に属していましたが、新しい植物分類表によってツツジ科になりました。

ということは、エッ?これが樹木の仲間ってことですか???

学名Monotropastrum humile。Monotropastrumは、ギリシャ語でギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)の

属するシャクジョウソウ属を表すMonotropaと、似ているという意味のastronの合成語で、Monotropa属に

似ているという意味。humileは低いという意味です。

和名の由来は、鱗片葉をつけた様子を龍に見立てたものだそうです。

薄暗い所に生え、全体に白く透き通ったような感じなので、ユウレイダケ、ユウレイソウとも呼ばれます。

花言葉「そっと見守る」「はにかみ」「うらめしや」・・・って、最後のは僕が勝手につけました(^^A
 

(記事・画像提供 観光リポーター鹿田氏)

 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ