【終了】鷹狩山花日記⑥ホタルブクロ

  • 投稿日:

 

なかなか晴れ間が出なので足が遠のいていた鷹狩山ですが、久しぶりにちょこっと登ってみました。

まだササユリは蕾でしたが、新しく咲いていてくれた花もたくさんありました♪

「蛍袋」と書く、北海道~九州の山地、草原などに自生するキキョウ科の多年草です。

学名Campanula punctata。Campanulaはホタルブクロ属のことで、ラテン語で小さな鐘という意味です。

punctataは斑点のあるという意味です。

和名の由来は、昔、子どもたちが、夜つかまえた蛍を、この花の中に入れて遊んだことからという説と、

蛍の出る頃に咲くからという説もあります。

別名「ツリガネソウ」「チョウチンバナ」

若葉、若芽を摘み取って揚げ物にしたり、茹でてさらしてから和え物、おひたし、汁の実や油いためにして

食べ、花は開花期に摘み取り、酢の物、花サラダにして食べることができるそうです。

花言葉「愛らしさ」「誠実」「忠実」「正義」「悲しい時のきみが大好き」

ところで、この花の属名はカンパニュラ。この言葉の響きを聴くと、何故か、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に

出てくる男の子カンパネルラを思い出してしまうのですね~。


(記事・画像提供 観光リポーター鹿田氏)

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ