【終了】野仏と夏蕎麦の花

  • 投稿日:

  
 
久しぶりに仏崎観音の野仏様の登場です。

ちょうど夏蕎麦が咲き始め、良い雰囲気になっています。

ご存じ「蕎麦」と書く、中央アジア原産の、やせ地に育つタデ科の1年草です。

学名Fagopyrum esculentum。Fagopyrumはソバ属のことで、ラテン語でブナを意味するFagusと、

ギリシャ語の穀物を意味するpyrosの合成語で、三つの角を持つ実がブナと似た実を持つ穀物を意味します。

esculentumは、食用になるという意味です。

ソバは2カ月余りで収穫できるため、麦や米が不作だったりすると急きょソバを蒔き、凶作の備えにしたりしました。

夏ソバは5~6月に種を蒔いて7~8月に収穫し、秋ソバは7~8月に種を蒔き10月ころに収穫します。

秋ソバは新そばともいわれて、味も香りも夏ソバよりも優れています。

ソバは、古くに中国から朝鮮半島を経て渡来したもので、奈良時代以前から栽培されていたものと考えられ、

日本で最初の栽培は、やはり大和朝廷に縁の深い、滋賀県の伊吹山の山麓で行われたとされています。

蕎麦はまだ 花でもてなす 山路かな

なんて、松尾芭蕉が詠んでいます。

そういえば、アンデルセン童話の中に「ソバと夕立」のお話がありました。

昔々ある所に、広い広い畑がありました。そこにはライ麦や大麦やカラス麦の畑とソバの畑がありました。

ソバは高慢で、自分達の美しさや花の素晴らしさを自慢していました。

ある日、夕立が近付くと、野の花たちは花びらを閉じたり、頭を垂れたりしましたが、ソバはつんと立ったままでした。

麦たちもソバのことを心配して説得しようとしましたが無駄でした。「ソバさん、頭をお下げなさいな」

ほかの作物がいいました。「だれに頭を下げるんだね? なんのために?」「つよい雨に、たたきつけられます。

激しいイナヅマに目がくらみます。あのイナズマの中には、天の神さまがいらっしゃるんですよ」

「よし、ぼくは神さまを見てやろう」その時、ものすごい稲光が走り、夕立が過ぎ去りました。

夕立の後はせいせいして、なんともいえない良い気持ちです。野の花や麦たちはまた頭をもたげました。

しかし、頭を下げることを知らないソバは、稲光にやられて真っ黒になっていました。

これは、ソバの白い可愛らしい花が、黒褐色の尖った角を持つ実になることの不思議を現しているのでしょうね。

花言葉「懐かしい思い出」「あなたを救う」「喜びと苦しみ」


(記事・画像提供 観光リポーター鹿田氏)
 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ