【終了】扇沢のホタルブクロ

  • 投稿日:

 

「蛍袋」と書く、山野に生えるキキョウ科の多年草です。これは白花で、一般的には淡紅紫色の花が多いですね。

学名Campanula punctata。Campanulaはホタルブクロ属のことで、ラテン語で小さな鐘という意味があり、

ギリシャ神話の愛らしいニンフのことでもあります。Punctataは斑点のあるという意味です。

和名の由来は、子供がこの花の中に蛍を放して遊んだことから。また、本来は火垂袋(ほたる袋)で、

形が提灯に似ているところから名がついたとの説もあります。

地方によっては、チョウチンバナ、トウロウバナ、アンドンバナとも呼ばれているようです。

さらに、梅雨の時期に咲くので、アメフリバナの名も与えられています。

学名のカンパニュラについてのギリシャ神話は、こんな内容です。

愛らしいニンフのカンパニュラは、 この世の果てにある果樹園の金のリンゴを守るのが仕事でした。

ある日、ひとりの騎士が金のリンゴの噂を聞きつけて、果樹園に盗みに入りました。

カンパニュラは必死に鐘を鳴らし助けを呼びますが、番人の竜が駆けつけたときには、すでに息絶えていました。

この話を聞いた花の女神フローラは、カンパニュラを哀れに思い、花に変えてあげました。

若葉、若芽を摘み取り、揚げ物にしたり、茹でてさらしてから、和え物、おひたし、汁の実や油いためにして

食べられるし、花は、7~8月の開花期に摘み取り、甘酢和え、酢の物、花サラダにして食べられるのだそうです。

花言葉「正義」「貞節」「愛らしさ」「忠実」「誠実」。

 

(記事・画像提供 観光リポーター鹿田氏)

 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ