【終了】黒部ダム川床コースのトレッキングが行われました

  • 投稿日:

9月11日に大町市観光協会主催のトレッキングの催し「秘境黒部峡谷に触れる 黒部ダム川床コース」が行われました。

参加者は50人近い応募者の中から抽選で選ばれた15名。和歌山や三重、神奈川、群馬からの参加者も

いらっしゃいました。

そして登山案内人組合から3人、観光ボランティアから僕を含む2人、大町市観光課や観光協会、関西電力、

大町病院の看護師さんの合計10人がスタッフとしてつき、総勢25人のパーティーで、黒部峡谷下の廊下の

散策に出かけました。

昨日はとっても良いお天気。登山道出口で出発集会と簡単な注意事項の

お話があり、真っ青な空にくっきりと浮き上がった立山連峰を左手に見ながら

急な坂を下り始めます。

要所要所で登山案内人組合の山内さんや僕が山や森、樹木、

登山道で出合う花々について説明しながら川床へ。

登山道で出合う花を見つけては、可愛い♡綺麗♡と、声が上がります♪



川床から見上げる堤高186mの黒四ダムの威容は、やはり圧巻ですね♪

そこでダムに関する簡単な説明をして、下の廊下の橋を渡り、内蔵助谷方面へ。
 

ガレ場の休憩地点へ到着し、そこで大休止。

晴天に恵まれ、川の水も空もキラキラと輝いています。

帰りは来た道を戻ります。視点が変わるので、来る時に

見落とした植物に新たな発見もあります。

橋の近くで写真を撮る時間が欲しいとの要望があったので、

少し時間を撮って撮影タイム。

最後の急坂を登る頃には、流石に口数も少なくなります(^^;





そして黒四ダムに上がり、慰霊碑前で集結集会を行い、

無事何事もなく全員歩き通し、解散することが出来ました。

それから皆さんは食事をし、遊覧船ガルベに向かったり、

湖畔遊歩道コースに向かったり、残りの時間を

楽しんで行かれました。



参加者からは、今回は花は諦めていたのに、思いのほかたくさんの花に逢うことが出来て感激しました。

とか、あんなにたくさんの自生のダイモンジソウに逢うことが出来てビックリしました。

初めてアサギマダラを見ることが出来て感激。などの声を聞くことが出来ました。

みなさん、満足して頂けたようで良かったです♪

(記事・画像提供 観光リポーター鹿田氏)

 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ