【終了】黒沢尾根でスノーシュートレッキング

  • 投稿日:

先日、観光ボランティアガイドなどを対象にしたスノーシュー

トレッキング講座が行われ、参加させていただきました。

鹿島槍スポーツヴィレッジセントラルプラザ前から、

スキーやスノボを楽しむ人々を横目にリフト2本乗り継ぎ、

標高1,550mのゲレンデトップ部へ。


そこでスノーシューや輪かんじきを装着して、黒沢尾根の

稜線を歩くコースへ出発しました。



 

歩いていく途中、クロベ(ネズコ)やブナなど、厳しい

自然の中で生きている樹木の植生の説明も受けました。

凍裂の入ったものや熊棚もあり、興味深く観察しました。

 

熊棚は見たことがありましたが、なぜ棚ができるのかは知らなかったので、『へー!』という感じでした。

すっきり晴れてというほどの天気には恵まれませんでしたが、

尾根すじから眼下には青木湖や木崎湖、戸隠連峰や、遠くに

うっすら見える八ヶ岳などの眺望を楽しむことができました。

今回は残念ながら山頂付近の雲が切れず、美しい姿を拝むことは

叶いませんでしたが、鹿島槍ヶ岳が眼前に迫る絶景のコースです。

スノーシューやかんじきで雪の森を歩く楽しさもぜひ体験してほしいと

思います。





大町では日向山高原や中山高原など、初心者でも歩けるコースや

あづみの公園内を散策するスノーシュー体験教室があります。



今回の黒沢尾根は、現地を熟知し、経験豊富なガイドと歩いて

いただきたいコースです。当日は気温が予想以上に低く、尾根筋は

風を受けて体感温度がさらに下ったので、私は衣服計画の甘さを

感じて反省しました。事前に衣類や装備についても、細かく相談される

ことをおすすめします。

黒沢尾根のほかにも大町のスノーシューエリアは豊富です。

どうぞ下記へお申込みいただき、安全で楽しい冬の森遊びを!
   
   千年の森自然学校  TEL 0261-23-6860

   ぐるったネットワーク  TEL 0261-85-0556

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ