【終了】りんごの摘果作業

  • 投稿日:

大町市常盤のりんご畑では今の時期、りんごの摘果(てっか)作業で大忙しです。
 

 
 

「摘果(てっか)」、つまり果実がなリ過ぎて木を弱らせたり、実の品質をそこねたりしないように

実の幾つかをつみ取るわけですが、大体1mの枝で、残すのは2、3個だそうです。

そうすることで大きな、味の良いりんごが収穫できます。

毎朝8時から夕方5時まで、作業をしています。

りんご畑は五ヶ所あるそうですが、ここだけでも今月中に終わるかどうか、と仰っていました。

地面には摘果された小さなりんごの実が無数に転がっています。
 

 
 

大町市ではサンふじ・秋映(あきばえ)・シナノスイート・シナノゴールドをはじめ、10種類ほどの

りんごが栽培されています。

秋~初冬の収穫まで、まだまだ手間のかかる作業が続きます。

そのお蔭で、私達はおいしいりんごを食べることができます。


(記事・画像提供 観光リポーター:八角氏)

 

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ