大町だより

ガイド研修で街中を歩きました

10/10(水)第3回ガイド研修を開催しました。

大町市観光協会では「おもてなし事業」として、大町市を訪れるお客様に楽しんでいただける、ご案内できるガイドさんを増やそうと研修会を行っています。今年は、5回の研修会を行う予定です。

その第3回として、NPO法人安曇野ふるさとづくり応援団のメンバーを講師にお迎えし「案内人とは何か?~風景から物語をつむぐ~」というテーマで研修会を開催しました。
IMG_4718.jpg
「火の見櫓(やぐら)センサーを持っているんです」とおっしゃる講師の高松伸幸さん。ユニークなトークに会場が引きつけられる。

伝えるものをどうとらえるか、トーク技術やガイドのコツなどをお伝えいただきました。
IMG_1852.jpg
講義のあと、参加者と実際にまちあるき。
IMG_1875.jpg
大町市の酒蔵所の一つ市野屋さんの敷地を見学。部長さんの
楽しいトークに笑い声が。
IMG_1890.jpg
男清水、女清水の飲み比べをする参加者。
IMG_1911.jpg
弾誓寺の境内にて仏足石を発見。対のものがあるはず...
IMG_1917.jpg
看板建築の建物が大町の街中では多くみられるとのこと。
講師陣の一人、宮崎さんの解説に皆で聞き入る。

最後に、参加者それぞれの「私ならではのガイドネタ」などを参加者一人一人が披露。楽しく、充実した研修となりました。

月別アーカイブ