お菜洗い+野沢菜漬けに参加してきました!

  • 投稿日:

冬ならでは、野沢菜漬けの時期がやってきました。
11月28日(木)お菜洗い最終日。大町温泉郷 森林劇場脇の広場でお菜洗いをしてきました!

先ずは、余分な葉を切り落とし、根元に2センチほどの切り込みを入れる作業を行い、
おおよそ一回に取り出す分量の野沢菜を輪ゴムで留めます。
この下処理を「こせ」というそうです。

次は、洗いに入ります。
ありがたい事に、ご用意いただいた温泉のお湯で、まずは汚れを落とす洗いから。
その後、冷たい水でよく洗います。
更によく洗いながら、少し水に冷やします。
冷たい水で洗い、少しのあいだ水に浸けておくことで、美味しい野沢菜が漬かるそうです。
洗った後はお菜を立てて水切りをして漬けていきます。
重石は、野沢菜の分量の約3倍の重石を水が上がってくるまで置いておくそうです。
(この日は、洗いまでを行いましたが、漬けるところまで教えて頂きながら行うこともできます。)

長年お漬物を漬けているプロ方に細かく教えていただき、とても勉強になりました。
少し雪の舞う、寒い大町温泉郷でのお菜洗いでしたが、数人での作業でしたので心強く、また楽しく
冷たい水も気になることなく、洗うことができました。
美味しい野沢菜ができあがりますように!

お漬物隊の皆さまは、長時間同じ場所にいて冷たい水を使い、寒かったと思われます。
ありがとうございました。
問合せ先:信濃大町お葉漬け隊 事務局 ぐるったネットワーク大町内 Tel:0261-85-0556

DSC_3468.jpg


DSC_3470.jpg

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ