山岳情報

夏山登山相談所を開設します

安全で楽しい登山の為 、 7/15(土)~8/13(日)の30日間、市内3カ所で登山相談所が開設されます 。
県の登山安全条例の施行で登山届の提出が義務化されましたが 、是非地元の相談員の話を聞いて情報を得て安全に登山してください 。

 針ノ木 相談所 (扇沢針ノ木登山口)       爺ヶ岳 登山相談所(柏原新道)
yama-tayori16071501.jpg yama-tayori16071502.jpg

鹿島槍ヶ岳の画像が届きました

鹿島槍ヶ岳は後立山連峰の代表的な山です。
山頂は南峰(標高2889m)と北峰(標高2842m)からなる双耳峰。
大町市内から見て、とても分かりやすい形状をしています。

大町登山案内人さんから鹿島槍ヶ岳の画像が届きました。

【夕方7時の鹿島槍ヶ岳】
yama-tayori17061103.jpg

【朝7時、種池山荘からの鹿島槍】

yama-tayori17061102.jpg

【夕方7時前、種池山荘からの鹿島槍】
yama-tayori17061101.jpg

大町登山案内人組合HP

登山シーズン到来

北アルプスの名峰、槍ヶ岳3180メートは大町市に属し、その懐には源流の高瀬川、裏銀座と言われる峰々(七倉岳、船窪岳、烏帽子岳、野口五郎岳、水晶岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳)そして槍ヶ岳等々が山開きと登山シーズン到来を心待ちにしている方も多いでしょう。 著明な登山口は扇沢や七倉ですが、表銀座の末端とも言える餓鬼岳登山口(白沢三股)も大町市です。

大町登山案内人組合員さんからお便りが届きました。

現在、雪解けも進み標高2200メートル付近より所々残雪が確認でき、2500メートル以上は梅雨を迎える6月中旬まで、まだ多くの雪が残ると思われます。

ピッケルを携行せずストックと軽アイゼンでの登山者が散見されます。単独登山を含め的確な判断と慎重な行動、上部稜線付近や急斜面での腐れ雪やトラバースルート等では、ピッケル・アイゼンを的確に装着して、滑落や転落の防止に努めてください。


また初心者の方の安易な入山は危険です、不安がある登山者の方は大町登山案内人組合に相談等お問い合わせくだい。



【燕山荘から見た裏銀座  槍ヶ岳・双六岳】
yama-tayori170530tubakurokaramita-yari-sugoroku.jpg【燕山荘から見た裏銀座 水晶岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳】
yama-tayori170530tubakurokaramita-suisho-washiba-mitsumata.jpg【燕山荘から見た裏銀座  野口五郎岳】
yama-tayori170530enzansou-nogutigoro.jpg
【燕岳と餓鬼】
yama-tayori170530tubakuro-gaki.jpg
【燕岳】
yama-tayori170530eboshi.jpg【燕岳から見た表銀座の山々】
yama-tayori170530tubakuro-omoteginza-yamayama.jpg【朝日に輝く槍ヶ岳】
yama-tayori170530yari.jpg

針ノ木雪渓残雪状況

6月4日(日) 針ノ木岳慎太郎祭まであと僅かですね。
多くの方の参加と登山を安全に楽しんでいただく為に大町登山案内人組合さんから、針ノ木雪渓の残雪状況と写真が届きましたのでお知らせいたします。

yama-tayori170522shintaro-hi.jpg針ノ木雪渓手前
yama-tayori170522harinokisekkei1.jpg


                                                                        
 大沢小屋テント場
yama-tayori170522osawagoya2.jpg
雪渓中間部付近
yama-tayori170522sekkietyuukan3.jpg

針ノ木岳

yama-tayori170522harinoki.jpg


蓮華岳
yama-tayori170522renge4.jpg

★積雪状況は...5/21(日)本日現在、昼頃・気温30度・無風
昨年に比べて残雪多く扇沢駅登山道付近から針ノ木雪渓(大沢小屋を含め)迄断続的に積雪が解けずに残っています。また融雪に伴い沢筋からの土砂と大小の落石が多く散見され、雪渓本流中央付近の積雪が今後天候次第で軟弱・陥没の危険性が予測されます、慎太郎祭当日は現地受付での注意事項・案内や指示に従って安全で楽しい登山を心掛けてください。


★雪渓歩きの注意事項について
晴天・雨天時共に長時間の登高になります。晴天時は気温の上昇と照返し等で熱中症、脱水症状での痙攣等に注意!、雨天や低温時も発汗状況を見過し易く、意識的に多めの携行と水分補給(補助食品を活用)を勧めます。


★雪質はザラメ状でルートは徐々に傾斜が増し、アイゼン(簡易アイゼン含む)、ピッケル、ストック等活用で、スリップ事故に備えてください。


★雪渓上の落石は特に注意です。
積雪が多いと浮石が発生しやすく、音も無く雪渓中央付近に落下してきますので、早目の注意喚起とヘルメットの装着、回避行為を取ってください。


上記の内容は、本日実施した登山現場の状況判断を簡単に掲載させていただきました。慎太郎祭実施まで自然の状況は刻々と変化を続ける事をご理解して頂き参考にして頂けたら幸いであります。

雪解け待つ山々

連休も終わり賑わいを見せた大町周辺の山々は今、静かに雪解けを待っています。
また寒暖と登山道の雪質の変化が激しい季節でもあり、単独や初心者の安易な入山は大変危険です。
最新の情報は大町登山案内人組合にお問合せください。

大町登山案内人組合HP→http://www.geocities.jp/omachiguide/

まじかに見る鹿島槍ヶ岳の代表的雪形 (鶴と獅子)

yama-tayori2017051001.JPG

                    
赤岩尾根分岐から見た鹿島槍ヶ岳
yama-tayori2017051002.JPG    
北側から見た爺ガ岳南峰・中央峰・北峰
yama-tayori2017051003.JPG 
 赤岩尾根上部と爺ガ岳

yama-tayori2017051004.JPG 鹿島槍ヶ岳頂上より望む後ろ立山の峰々
yama-tayori2017051005.JPG
剣岳・立山の峰yama-tayori2017051006.JPG


 稜線に現れた雷鳥
yama-tayori2017051007.JPG

春山登山相談所を開設します

北アルプスもいよいよ春山シーズンに入ります。
今年は例年並みの積雪があり、年初から遭難事故が多発しています。
遭難防止のため、「春山登山相談所」を開設します。

大町市では、七倉相談所、針ノ木相談所(扇沢針ノ木登山口)、爺ケ岳相談所(柏原新道)の3ヶ所です。
是非、地元の相談員の話を聞いて、情報を得て安全に登山してください 。
   ※県の登山安全条例の施行で登山届の提出が義務化されました。

春山登山相談所の開設期間
      平成29年4月29日(土)~5月5日(金)の7日間です。 
【開設時間は、AM5:00~AM11:30です】 

   

赤岩尾根から望む鹿島槍ヶ岳と爺ヶ岳

大町登山案内人さんからお便りが届きました。

晴天を期待していたこの連休は、本日最終日のみ晴天に恵まれました。
鹿島槍ヶ岳東尾根、鎌尾根、爺ヶ岳東尾根、赤岩尾根では、強風と降雪に見舞われながらも数パーティーが
取りついていました。
積雪は2mを超え、山はまだまだ冬の装いです。

これから雪崩の季節を迎えるので、一般登山者の安易な入山は危険ですので、
登山に関しては大町登山案内人組合までお問い合わせください。
             
 ◇大町市登山案内人組合HP→ http//www.omachiguide.com
yama-tayori17032001.jpg
                  赤岩尾根に現れたカモシカ
yama-tayori17032002.jpg                     高千穂平から望む鹿島槍ケ岳東尾根
yama-tayori17032003.jpg                          高千穂平から望む爺ヶ岳 1
yama-tayori17032004.jpg                        高千穂平から望む爺ヶ岳2
 

鹿島の懐へ・・

大町登山案内人さんからおたよりが届きました

昭和の登山黄金時代、鹿島槍ヶ岳&爺ガ岳冬期登山ルートで栄えた鹿島集落の「狩野家」。
オババの碑も雪の中。
写真は爺ガ岳東尾根登山口、遠望の赤岩尾根、他・・(撮影2017年1月26日)

yama-tayori170126kashima-karinoke.jpg

yama-tayori170126kashima1.jpgyama-tayori170126kashima2.jpg

宮の森は雪の中

大町登山案内人さんからお便りが届きました。

今年に入り、2度目の無風快晴と低温で大町鹿島部落は、氷点下15℃を下回りました。
本格的な厳冬期を迎え、宮の森自然園のざぜん草が待ち遠しい季節です。

yama-tayori170126dousojin3.jpg

yama-tayori170126dousojin1.jpgyama-tayori170126dousojin2.jpg      (2017年1月26日撮影)

静寂の朝 鷹狩山より

大町登山案内人さんから画像とメッセージが届きました。

時と天候は無常迅速。
氷点下9℃無風快晴の凍てつく道を鷹狩山へ。
聖地から見下ろす大町からは、大糸線を走る列車の音が聞こえます。
北に白馬三山、南には爺が岳、屏風のように鹿島槍ヶ岳と五竜岳が永遠と優越にそびえています。
大町のフィールドは無限大です。

大町登山案内人組合HP→http://www.geocities.jp/omachiguide/

yama-tayori17010701.jpg


yama-tayori17010702.jpg

yama-tayori17010703.jpg

yama-tayori17010704.jpg

大町市観光協会
〒398-0002長野県大町市大町3200
TEL:0261-22-0190 FAX:0261-22-5593
年末年始(12/30~1/3)以外は営業 営業時間 8:30〜17:15