紅葉

紅葉
アルペンルート・山岳地域(9月中旬~10月中旬)

アルペンルート・山岳地域(9月中旬~10月中旬)

室堂周辺や北アルプスの標高の高い地点では、9月中旬くらいから紅葉が始まります。樹木の葉だけでなく、高山植物の草紅葉も楽しめます。アルペンルート内一番人気の紅葉スポットはロープウェイから眺めるタンボ平です。

▲このページのTOPへ戻る

大町アルペンライン(10月中旬~下旬)

大町アルペンライン(10月中旬~下旬)

アルペンルートの長野県側からのアクセス道路「大町アルペンライン」は隠れた名所ともいえます。日向山高原から扇沢周辺まで、道路沿いの紅葉を車窓からお楽しみください。

▲このページのTOPへ戻る

小熊山(10月中旬~下旬)

小熊山(10月中旬~下旬)

毎年10月下旬に行われる「小熊山紅葉トレッキング」には、参加申し込みが200名の定員を超えるほどの人気となっていますが、紅葉スポットとしてはまだあまりメジャーではないのでは?林道周辺やトレッキングコース内の紅葉は一見の価値ありです。鹿島槍ヶ岳や五竜岳が間近に見えるスポットや、コスモス揺れる木崎湖展望地が紅葉ピクニックの休憩ポイントです。

▲このページのTOPへ戻る

高瀬渓谷(10月中旬~11月上旬)

高瀬渓谷(10月中旬~11月上旬)

高瀬ダム周辺から始まります。
えん堤を上っていって振り返って見る左右両側斜面の紅葉と、ダム湖に向って眺める紅葉はどちらも美しく、殊にエメラルドグリーンの湖水と紅葉の彩りは圧巻です。
吊り橋を二つ渡って往復約1時間の散策で「濁りの滝」を見たり、湯俣温泉方面へ少し足を延ばしてのトレッキングも、紅葉をじっくり楽しめるコースです。(七倉から高瀬ダムへは一般車が入れません。特定タクシーで行くことができます。)
マイカーでも入れる七倉や葛温泉周辺、北葛沢、尾入沢大橋周辺、大町ダム周辺など、高瀬渓谷一帯には紅葉のきれいなポイントがたくさんあります

▲このページのTOPへ戻る

仁科三湖(10月下旬~11月上旬)

仁科三湖(10月下旬~11月上旬)

湖の周りには針葉樹、広葉樹の林が迫り、赤,緑,黄,茶の色合いが派手さはないものの、湖面に映る様が心を和ませます。気温の下がった早朝は、霧が発生して神秘的な情景をつくります。

▲このページのTOPへ戻る

霊松寺(10月下旬~11月上旬)

霊松寺(10月下旬~11月上旬)

県宝の山門と市天然記念物の「お葉付イチョウ」は有名ですが、霊松寺の良さはいろいろな角度からと、1シーズンの間にいろいろな紅葉の見頃を楽しめるところです。
専用道路「霊松寺線」を上っていくと、北アルプスの眺望も楽しめる鐘撞き堂があります。寺の方へ進んでいく道では、カエデやサクラが敷地内を囲うように彩り、東庭も早めに色づき始めます。
山門や本堂と紅葉の構図が素晴らしく、また、シーズン中は内部拝観ができるため、窓越しの眺めも一枚の絵となります。
小さな滝がある東庭の池にカエデが落葉する様は風情があり、くぐり戸の向うも見落としたくないポイントです。
追ってオハツキイチョウやドウダンツツジも見頃となり、オハツキイチョウの葉がつくる黄色いじゅうたんの上では、「子宝・安産・幸運」のお守りをさがしてかがむ姿を見かけます。

▲このページのTOPへ戻る

唐花見湿原(ミヤマウメモドキの実(10月下旬~11月)

唐花見湿原(ミヤマウメモドキの実(10月下旬~11月)

唐花見湿原にはミヤマウメモドキのみごとな群落があり、雌木につく実が赤くなるのは10月下旬頃からですが、おすすめは霜が降りた朝や初雪の頃です。白と赤のコントラストが美しく、幻想的な世界をつくります。

▲このページのTOPへ戻る

中山高原・新行・仏崎他 カラマツ(11月上旬~中旬)

中山高原・新行・仏崎他 カラマツ(11月上旬~中旬)

中山高原や新行周辺と、仏崎観音寺から大出橋への並木道などで見られるカラマツの黄葉は、晩秋の信州らしさが感じられ、紅葉シーズンのラストを飾ってくれます。

▲このページのTOPへ戻る

信濃大町の四季

信濃大町の四季

大町市観光協会
〒398-0002長野県大町市大町3200
年末年始(12/30~1/3)以外は営業 営業時間 8:30〜17:15