仁科三湖

北アルプスと東山にはさまれるように南から北へ、木崎湖、中綱湖、青木湖と3つの湖が連なる仁科三湖。
フォッサマグナ上にできた北アルプス山麓唯一の天然湖です。 この仁科三湖沿いには、信州と海とを結ぶ古道「千国街道」が走り、山の生活に欠かせない塩や海産物を運んだ「塩の道」としての風情を今に伝えています。 仁科三湖周辺は、ふるさと体験のできる農家民宿も多く、また、信濃木崎夏期大学は、大正6年から休むことなく開講しています。

仁科三湖

思索の青木湖

思索の青木湖

県下有数の透明度を誇る青木湖は、仁科三湖の中で最大の湖でハート型に美しい水をたたえる。春はオオヤマザクラ、夏は深緑、秋は紅葉、冬は渡り鳥の飛来など、四季の変化に富んだ姿を見せてくれます。湖畔には、塩の道やキャンプ場、スキー場があり、南東からは、湖に映る白馬連峰を望むことができます。 湖畔を一周する道路はサイクリングにも最適です。また、夏の蛍クルーズも人気です。
サイクリングついて詳しくはこちらから

湖面標高
822m
周囲
6,650m
最大水深
58m

▲このページのTOPへ戻る

憩いの中綱湖

憩いの中綱湖

仁科三湖の中では最も小さく、ヘラブナ、マブナ、ウグイなどの魚影が濃く、冬の結氷期にはワカサギの穴づりも楽しめます。毎年6月の第3日曜日には、中綱湖ヘラブナ釣り大会が開催され全国から太公望が集まります。 湖にはヌマカイメンなど非常に貴重な生物が生息しています。 近くには人情味あふれる民宿がたくさんあり、サンアルピナ鹿島槍スキー場中綱ゲレンデも目の前です。 また、ゴールデンウィーク前後には、中綱湖に映る濃いピンクのオオヤマザクラを撮影するカメラマンが詰め掛けます。

湖面標高
815m
周囲
2,200m
最大水深
13m

▲このページのTOPへ戻る

遊びの木崎湖

遊びの木崎湖

市街地に最も近く整備も進み、ウインドサーフィンをはじめ、小型ヨット、カヌー、ボート、フィッシングとあらゆるウォータースポーツのフィールドとして全国から熱い注目を集めています。湖畔の西側にはキャンプサイトもあり、散策やサイクリングも楽しめます。 アニメ「おねがいティーチャー」「おねがいツインズ」の舞台となり、アニメの背景画に木崎湖の風景が忠実に使われたため、海ノ口駅や木崎湖周辺にたくさんのファンが"聖地"への"巡礼"に訪れています。
葛温泉から引湯された木崎湖温泉も近く、温泉とプールが楽しめるゆ~ぷる木崎湖では家族で楽しむことができます。

 

木崎湖での釣りについて詳しくはこちらから
ウォータースポーツはこちらから

湖面標高
764m
周囲
6,500m
最大水深
29.5m

▲このページのTOPへ戻る

仁科三湖周辺を楽しむ

木崎湖温泉 ゆーぷる木崎湖

木崎湖温泉 ゆーぷる木崎湖

迫力満点のウォータースライダーをはじめとして温泉プールから大浴場・露天風呂まで健康とスポーツをテーマにした、オールシーズン楽しめる温泉施設です。
ゆーぷる木崎湖HPはこちらから

▲このページのTOPへ戻る

小熊山トレッキングコース

小熊山トレッキングコース

木崎湖と中綱湖を結ぶトレッキングコース。
北アルプスの鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳、五竜岳などが良く見え、仁科三湖を見下ろすこともできます。

小熊山トレッキングコースについて詳しくはこちらから

▲このページのTOPへ戻る

塩の道祭り

塩の道祭り

仁科三湖周辺には塩の道、千国街道の面影が随所に残っています。青木湖の西岸には、西国三十三番観音が杉林の中に佇み、昔ながらの風情を残しています。 毎年5月3日~5日の連休には小谷村・白馬村・大町市で「塩の道祭り」が(大町市では最終日の5日)に開催され、昔ながらの風情が再現されます。

▲このページのTOPへ戻る

居谷里湿原

居谷里湿原

木崎湖の東に位置する長野県の天然記念物に指定されている湿地帯。稲尾駅から湿原入り口まで2キロ徒歩20分。周囲には遊歩道が整備され、1時間ほどで1周できます。ザゼンソウ・ミズバショウ・リュウキンカ・カキツバタなど季節の花を楽しむ人々が訪れます。女清水で知られる里山居谷里の水源もこの近くです。

▲このページのTOPへ戻る

信濃大町の四季

仁科三湖

大町市観光協会
〒398-0002長野県大町市大町3200
年末年始(12/30~1/3)以外は営業 営業時間 8:30〜17:15