針ノ木岳慎太郎祭

 大町では大正6年(1917)、全国でもいち早く登山案内人組合が結成されました。
 その中心となったのは、日本の近代登山の先駆者の1人としてその名が語り継がれる百瀬慎太郎
 (1892−1949)です。
 慎太郎は市内で旅館対山舘を営みながら登山者の世話をし、登山ルートの整備や山小屋を建てる
 など、その生涯をふるさとの“岳”に捧げました。「岳都おおまち」を語るとき、忘れてはならない人物
 です。
 彼の業績を讃える「針ノ木岳慎太郎祭」が、夏山シーズンの開山祭も兼ねて毎年6月の第1日曜日、
 針ノ木大雪渓(日本三大雪渓の一つ)などを会場に行われます。山を愛する方はもちろん、これから
 山を始める方など、皆さんのご参加お待ちしております。

第58回 針ノ木岳慎太郎祭 ご案内

日 時 平成27年6月7日(日) 小雨決行
行 き 自家用車にて直接、扇沢駅(有料、無料駐車場有り)
もしくは、JR信濃大町駅前から7:10発 扇沢駅行き
路線バス(有料)
受 付 扇沢駅前広場 7:30〜8:00 (当日受付です)
祭 典 9:30〜 針ノ木大雪渓において挙行
記念登山 針ノ木峠
閉会式 16:00予定
会 費 1人 2,000円(保険料・記念バッジ・山の歌集・おしるこ
含む)

特典・その他
 ●慎太郎祭参加者は、特別に針ノ木岳登山口付近までバスでお送りします。
 ●登山する人はパーティーを編成し、リーダーの指示に従って行動します。
 ●登山しない方のために高山植物観察などの班を設け、大雪渓周辺で
   小鳥の声を聞いたり、自然の中で森林浴を楽しみながら過ごします。
 ●下山集合地には、温かいおしるこや記念スタンプをご用意します。
 ●天候や残雪などの状況によっては計画を一部変更することがあります。
 ●扇沢駅前駐車場の無料部分は、未舗装の市営駐車場のみです。

携帯品 ※J、Kは記念登山参加者は必須
 @登山靴(スノートレシューズでも可、運動靴はいけません)
 Aシャツ(長袖)
 Bズボン(半ズボンやスカートはいけません)
 C雨具(上下別式のカッパ類)
 D防寒具
 E手袋・替くつ下
 F水筒(雪渓の雪は食べないこと)
 Gサングラス
 H帽子
 I昼食及び間食
 Jアイゼン(4本爪可)
  ※軽アイゼンは大沢小屋にて500円で貸し出ししています。
    数に限りがありますので、詳しくはお問い合わせください。
    大沢小屋 (TEL 0261-22-1584)
 Kピッケル(ストック)

 ※装備等の不完全な場合は登山ができないこともあります。
 ※当日は団体行動です。

 主催   針ノ木岳慎太郎祭実行委員会
 問合せ 大町市観光協会 (TEL 0261-22-0190)








大町市観光協会
〒398-0002長野県大町市大町3200
年末年始(12/30〜1/3)以外は営業 営業時間 8:30〜17:15