高瀬渓谷にある4つのお宿にご宿泊になるお客さまへ、お得で便利なアクセスのご紹介です。

コース

JR信濃大町駅 ⇔ 葛温泉 ⇔ 七倉温泉

料      金

JR信濃大町駅 ⇔ 葛温泉      おひとり様   1,500円(未就学児無料)

JR信濃大町駅 ⇔ 七倉温泉   おひとり様   1,700円(未就学児無料)

事前予約制

・前日までに必ずご予約をお願いします。

・ご予約のない場合は、通常メーター運賃となります。

・下記運行時間以外をご希望の場合は、宿泊施設にご相談ください。 

ご予約は

・ご予約は、高瀬館(0261-22-1446)、仙人閣(0261-22-3211)、温宿かじか(0261-22-1311)
七倉山荘(0261-22-4006)へお申し込みください。ご宿泊等とセットの予約をお奨めします。

・予約当日やむをえない事情により、信濃大町駅への到着時間が遅れる場合は、運行幹事会社

(アルプス第一交通:0261-22-2121)までご連絡ください。

運行時刻

信濃大町駅発 14:30 15:30 16:30

乗合タクシーの予約をされたお客様は、乗務員がお声がけしますので、予約時間前にJR信濃大町駅待合室でお待ちください。不明な点がありましたら、駅構内の観光案内所にお問い合わせください。

葛温泉発   9:00 10:00 11:00
七倉温泉発   8:55   9:55 10:55

お宿紹介

仙人閣 電話 0261-22-3211

仙人閣外観

仙人閣露天風呂

ロビーをはじめ、客室など館内にはリゾートホテルのやすらぎが満ち、自慢の大露天風呂では秘境ならではの醍醐味が楽しめます。   icon客室数:18
  iconチェックイン:15:00~
  iconチェックアウト:10:00

温宿かじか 電話 0261-22-1311

温宿 かじか

温宿 かじか露天風呂

当館は自然環境そのものと温泉、山気に抱かれ、ひたすら湯につかる。大いなる自然が織りなす四季の妙景に心も体も染まりゆく・・・。どうぞご湯るりと時をお過ごしくださいませ。   icon客室数:6
  iconチェックイン:15:00~
  iconチェックアウト:11:00 

高瀬館  電話 0261-22-1446

高瀬館 外観

高瀬館露天風呂

北アルプスの自然に包まれて川のせせらぎに癒される。気兼ねなく過ごせる秘湯葛温泉ならではのたたずまい。高瀬渓谷の景観と落ち着いた和室でくつろぎのお時間を。   icon客室数:13
  iconチェックイン:15:00~
  iconチェックアウト:10:00

七倉山荘  電話 0261-22-4006  (冬期間は松本連絡所へ  電話  0263-34-0012 )

七倉山荘外観

七倉山荘露天風呂

北アルプス裏銀座の登山口にある当館は、烏帽子から槍ヶ岳や、七倉岳から針ノ木岳へと登山される方、高瀬ダムや黒部ダム等の観光のお客様にご利用いただいております。朝一番の高瀬ダム行タクシーに乗車可能。御宿泊やご休憩、お食事、源泉掛け流しの露天風呂も有り、日帰温泉も御好評です   icon客室数:8

  iconチェックイン:13:00~

  iconチェックアウト:10:00

特典

乗合タクシーをご利用いただいたお客様に限り、無料で湯めぐりの特典があります。詳しくは各旅館のフロントにお尋ねください。

外来入浴時間
 温泉  高瀬館 10:00~20:00  (19:00受付終了)

大人700円

小人400円

 温泉  温宿かじか

10:00~16:00

(乗合タクシーのお客様は17:00まで) 

(15:00受付終了)

(乗合タクシーのお客様は16:00まで)

大人800円

小人500円

 温泉  仙人閣 10:30~19:00  (18:00受付終了)

大人700円

小人400円

 温泉  七倉山荘

  8:00頃〜19:30
6:00頃〜19:30(夏季)

(19:00受付終了)

大人650円

小人300円

各館の距離

市 街 地

 ⇔

  温泉 仙 人 閣

約400m

温泉 温宿かじか

約500m

温泉 高 瀬 館

約2,500m

温泉 七倉山荘

葛温泉の由来

葛温泉の「葛」という温泉名の由来は、慶長年間(1596年から1615年)の飢きんの際に里人が食糧に困り、「葛」(秋の七草のひとつ)を採りに山中へ行き、そこで温泉を見つけたのが由来だと言われています。 中部山岳国立公園の高瀬渓谷にある葛温泉は、北アルプス裏銀座方面の登山口にも近く、湯治の宿としてまた心優しい山男の宿として親しまれてきましたが、近年は心と体を癒してくれる最後の秘境として注目されています。
葛温泉の3施設と七倉温泉は、いずれも湯量豊富な源泉を持ち、外湯(露天)、内湯とも豊富な天然温泉をかけ流しています。

見どころ

葛温泉や七倉温泉のある高瀬渓谷は、長野県内有数の紅葉の景勝地として知られています。例年10月中旬頃から紅葉が始まり、10月下旬から11月上旬にかけて見ごろを迎えます。それぞれの自慢の露天風呂から温泉に浸かりながら素晴らしい紅葉を眺めることができます。

また、高瀬ダム周辺の紅葉も美しく、不動沢、濁沢周辺の紅葉も絶景です。夏に歩いてしかいくことができない湯俣温泉もおすすめです。温泉の近くには日本の地質百選にも選ばれた特別天然記念物の湯俣噴湯丘を見ることができます。なお、マイカーは七倉が終点となり、そこから先は特定タクシー(または徒歩)で高瀬ダムまで行くことができます。

  高瀬渓谷の紅葉の一例

  七倉山荘周辺の紅葉

高瀬渓谷紅葉の一例

七倉周辺の紅葉

  高瀬ダム周辺の紅葉

  高瀬ダム周辺の新緑

高瀬ダム紅葉

春の高瀬ダム

  不動沢の吊橋

  濁沢周辺の紅葉

不動沢吊橋

濁沢紅葉

  湯俣温泉の吊橋

  湯俣噴湯丘

湯俣温泉

噴湯丘

時間はいずれも片道です

高瀬川右岸側

七倉

許可タクシー

(15分)

高瀬ダム

高さ176m

ロックフィル

ダム

徒歩

1時間30分

名無しの

避難小屋

徒歩

1時間

湯俣温泉

(7中旬~10中旬)

徒歩

15分

噴湯丘

徒歩

(1時間30分)

徒歩

5分

不動沢の吊橋

徒歩

30分

濁沢

高瀬川左岸側

・ 高瀬ダムから先は、比較的なだらかなコースですが、トレッキング用シューズをお薦めします。

・ 七倉から高瀬ダムまでのタクシー料金は、片道約2,200円です。

問合せ窓口

問い合わせ 大町市観光協会 0261-22-0190
運行 (幹事会社)信州アルピコタクシー 0261-23-2323 アルプス第一交通 0261-22-2121
主催 高瀬渓谷振興協議会 事務局 大町市観光課 0261-22-0420

予約制乗合タクシー

葛温泉の風景

大町市観光協会
〒398-0002長野県大町市大町3200
TEL:0261-22-0190 FAX:0261-22-5593
年末年始(12/30~1/3)以外は営業 営業時間 8:30〜17:15